鍼灸治療について

当院ではワンちゃん、猫ちゃんに対して鍼灸治療も行っております。

鍼灸は、中国で生み出された4000年もの歴史を持つ「東洋医学(中医学)」の治療法の1つです。

現在、人と同じように動物でも鍼灸治療が取り入れられています。

中医学の基本は、体の中の陰陽のバランスが崩れた状態が病気であり、そのバランスを是正することが治療ということになります。西洋医学のような副作用の心配も少なく、体への負担も少ないため、高齢の動物や虚弱な動物の治療に向いています。

適応症は神経系疾患(神経痛、神経麻痺など)、運動器疾患(関節炎、椎間板ヘルニアなど)、各種慢性疾患などです。

また、当院では漢方治療にも力を入れております。

鍼で経穴(ツボ)を刺激し、病気を予防したり、治療したりします。

置鍼の他に、鍼に電気を流す電気鍼や、鍼の先に灸をつけて深部を温める灸頭鍼も行っております。



継続的に灸をすることで、体の免疫系を高めて、病気の予防につなげ、健康増進に有用と考えられています。


レーザー

痛みのある部分や炎症のある部分にレーザーをあてることで、血管が拡張し、血流の改善、治療向上へとつながります。